家計の節約に防災対策グッズ

水やりする男性

近年、地球環境の保護という観点から資源の有効活用が盛んに叫ばれています。
特に電力については、風力発電・太陽光発電など自然エネルギーへの転換が進んでいます。
ところで自然由来の資源といえば、水もまたその1つです。
わが国は幸いなことに比較的水資源に恵まれていますが、それでも夏の渇水や災害時の断水、あるいは水害に対する防災の必要性など、水をめぐる問題は山積しています。
水もまた限りある資源という点に配慮して、有効に活用する必要があります。
そうした考え方から生み出され、近年注目されているものに雨水タンクがあります。
雨水タンクは雨どいから落ちる雨水の一部を溜めておき、生活用水などに利用するための設備です。
この水を庭の水やりや洗車などに利用することで、水道料金を節約することができます。
また降雨時に河川や下水に直接流れ込む水の量を減らすことで、冠水などに対する防災対策にもなります。
この雨水タンク、最近では一般家庭向けの製品が続々市販されているため、今後はますます普及が進むものと予測されます。
また自治体の中には設置に係る補助金制度を設けているところもあるので、上手に利用すればさらなる家計の節約になります。

雨水タンクのメリット等について

 雨水タンクとは、雨水の貯蔵槽の事です。
以前は大型施設等に設置される事が多かったのですが、最近では一般家庭でも設置する人が増えています。
そのため、一般家庭向けの小型の雨水タンクも多く販売されるようになってきています。
 雨水タンクは、屋根に降った雨を軒下等に設置したタンクに溜めます。
通常は屋根に降った雨水は、樋を通って地面へと流れていきます。
この樋の流れ着く先をタンクに繋げるというシステムです。
素人でも簡単な作業で設置出来たり、メンテナンスも楽な物が増えてきています。
また、タンクに溜める際に、雨水をろ過する器具が付いている物も人気となっています。
 雨水タンクを設置するメリットは大きく二つあります。
一つ目は防災に役立つという点です。
火災が起きた時は早めに消火をする事が大切です。
しかし、例え火が小さいうちに消火するといっても、使う水の量は相当なものになります。
そうなると、消火活動を躊躇ってしまう事も考えられます。
しかし、この消火を雨水で行う事が出来れば、水道代等の心配をせずに存分に消火活動を行う事が可能になります。
 二つ目は節約に繋がるという点です。
私達は普段の生活で大量の水を使います。
飲食のみならず、掃除や洗濯等にも使います。
そのため、出来るだけ水の無駄遣いを減らす事が大切になります。
もしも、雨水を溜めておけば、その雨水をトイレを流す水に使ったり、庭の草木への水やりに使ったり出来ます。
トイレや水やりは毎日の事なので、この雨水利用のメリットは大きいです。
 また、防災や節約以外にも、ゲリラ豪雨等の際には大量の雨が下水道に一気に流れるのを、わずかではありますが防ぐ事が出来ます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031